30歳を超えても残る懐かしさの中に安定の面白さ…学研漫画「真田幸村」

歴史上の偉人を題材にした伝記漫画といえば、名高い学研まんが人物日本史シリーズです。

今は30代、40代という年齢になった男性が子供の頃に夢中になって読んだという人も多いですよね、学研まんが人物日本史シリーズ。ふと懐かしくなってもう一度読みたいなぁと思い立ってこの漫画を再購入する方が最近とても多いそうですよ。

私は子供の頃は全く歴史に興味がなかったので、初めてこの漫画を読みました。タイトルにはオッサン風を演出するために30歳と書きましたが、正確には29歳です(どうでもいいか)。

2016年大河ドラマは三谷幸喜さん脚本・堺雅人さん主演の真田丸です。その主役がご存知真田幸村(信繁)。私は「真田幸村」の名前は聞いたことがありましたが、具体的に何をした人なのかさっぱり知りませんでした。そこで、最初は主人公の生涯の概要を理解しようと、この漫画を手にとったわけです。

他にも色んな漫画があって悩んだんですが、Kindle版¥200という破格の安さに魅力を感じて学研漫画を購入!!

学研漫画「真田幸村」/2016年大河ドラマの題材・真田丸の主人公の伝記漫画を読む!

学研まんが人物日本史 真田幸村 大阪冬の陣 夏の陣

真田幸村のことを知りたい人が、こんなに分かりやすく、腑に落ちるように理解できる本は他にありません。小難しい本よりも、最初はやっぱり漫画が一番わかりやすい。

他の時代でも、他の人物でも(例えば源氏物語でも)歴史を理解する上で漫画は超魅力的。めちゃくちゃとっかかりやすいですし、視覚で理解できるので歴史と漫画の相性って実はめちゃくちゃいいんだな、というのを痛烈に感じました。歴史漫画、バンザイ!

学研・日本史伝記漫画「真田幸村」の内容と目次

この漫画の正確なタイトルは「学研まんが人物日本史 真田幸村 大阪冬の陣 夏の陣」。この漫画の構成は以下のとおり。全部で148ページなので、40分~1時間もあれば読めてしまいます。

  1. 石田三成の挙兵
  2. 東か西か?
  3. 上田城の通せんぼ作戦
  4. 紀州 九度山
  5. 幸村入城
  6. 大阪冬の陣
  7. 大阪夏の陣
  8. 見参!真田幸村

物語はいきなり関ヶ原から始まります。徳川家康が上杉討伐の名目で会津に出陣する際に徳川方についていた真田家は、父の昌幸、兄の信幸、主人公の信繁(幸村)と相談し、双方が敵味方に分かれて関ヶ原の戦いに挑むことを決めます。いわゆる、犬伏の別れですね。

ここから話がスタートして、徳川秀忠率いる軍勢をコテンパンに叩きのめし、九度山に配流、そして大坂の陣へ突入して最期に徳川家康をあと一歩まで追い詰めるも幸村が討死するという流れ。

基本の基本になる部分だけをわかりやすく描く

この学研漫画の素晴らしい所は、何よりもわかりやすさ。

もともと子供向けに描いている漫画なので、複雑な所の網羅は一切なし。必要最低限のことだけを漫画で描き、その人物が何をやった人なのかの概要を理解することのみに目的を絞っています。

このわかりやすさが、大人でも子供でも時代を超えて愛される理由なんでしょうね、きっと。

絵はやっぱり少し古めかしさを感じる

漫画といえど、やはり時代を感じます。色使いとか表情とか、1997年に出版された学研の漫画っていうイメージ通りの絵です(笑)

真田親子をはじめとする戦国武将の人物絵は固めに描き、真田十勇士なんかは親しみやすいコメディ要素の入った人物絵で描いているので、漫画の絵にもメリハリがありますね。

この時代を感じる絵に懐かしさを感じる人も多いんじゃないかなぁ~。

両サイドにある解説が素晴らしい

複雑な戦国時代を漫画だけで描くのは困難ですが、ページの両端にそれぞれ注釈や解説が散りばめられています。家康の動向や当時の時代背景、秀吉が抱えていた背景などなど、物語を理解する上で必要な知識を補ってくれます。

Amazonのレビューも懐古的なものが多い

Amazonのレビューや評価も軒並み高評価。やはり小中学生時代の「思い出の漫画」というものが非常に多いですね。

自分の真田幸村像がこの漫画が元になっている人とか、真田幸村の伝記漫画としては最高傑作とか、言い過ぎじゃねってぐらい懐かしさが加わって好評化になっています(笑)

自分が子供の頃にこの漫画に出会っていたらもっと歴史好きになっていたかも

私は子供の頃には歴史に一切興味関心がありませんでした。高校生ぐらいになって日本史を勉強しているうちに大河ドラマを見だして、そこからはまっていった感じです。

自分が小学生ぐらいの頃にこういう歴史系の漫画(三国誌とか)に触れる機会が多かったら、もっと歴史を早い段階から好きになっていただろうなぁと思います。

おとなになった今でも歴史系の漫画は読みたいとずっと思っているんですが、なかなか仕事が忙しかったり時間が取れずに保留のまま。

番外編・これから是非読みたいと思っている歴史漫画たち

学研の漫画とは話がズレますが、自分の防備録代わりのメモ。今目をつけいている漫画をリストアップしておきます。