夫婦の家計管理:私が効果的な財布と銀行口座の使い分けのやり方を学んだ本

家計管理の本は既に何冊も読んでいるのですが、家計再生コンサルタントの横山光昭さんの本を図書館で偶然発見してしまい、衝動買いならぬ衝動借り。

順序的にはもっと早い段階で読むべき内容でしたが、家計管理の初心者向けの本という印象です。既にこの型の本は3冊ほど読んでいるので、内容もほとんど同じで、個人的にはわざわざ読まなくてもよかったかなぁという印象。

ただ、これから家計管理の方法やコツ、サイフや口座の使い分けを模索しているという方には非常に参考になると思います。

家計管理で悩む財布と口座の使い分け…手取り月20万円からの3つのサイフでらくらく貯まる方法でヒントを!

3年間で120万円貯金できる! 手取り月20万円からの 3つのサイフでらくらく貯まる方法

前述の通り、この本は初心者向けの家計管理本です。中身は「あなたの家の家計を使う、貯める、増やすの3つのサイフ(口座)で管理していく方法」が紹介されています。わかりやすいように、手取り月収が20万円の人を題材に、具体的な数字や金額まで記載しています。

最初にズバリ言っておきますが、手っ取り早く数十万円を効率よく貯める方法は一切書かれていません。まさに、当たり前のことを当たり前に実践し、それを継続し、長期間にわたってコツコツ積み上げていく王道中の王道的なやり方です。

目標のない「不安貯金」なんて意味がないとバッサリいきますからね(笑)

家計管理の基本と当たり前を理解してから財布や銀行口座の使い分けを!

家計管理において、当たり前のことを当たり前に行うのは実は非常に難しいことです。それに、何が当たり前なのかがわかっていないと的外れな努力ばかりしてしまいます。

この本は自分が目指すべき方向を一本船の道筋で示してくれる本。あとはあなたが、それを実践し、色んな失敗をしながら学んで反省し、試行錯誤していくしかありません。

数年~数十年の単位で家計を管理していく方法ばかりなので、短期間で劇的に貯金を殖やす方法をお探しの方は、この本を購入してもまったく意味がないといえます。

手取り月20万円からの3つのサイフでらくらく貯まる方法の内容と目次

  • Chapter00 3つのサイフでお金をコントロールする
  • Chapter01 3つのサイフの土台作り 無駄を省く技術①固定費の削減
  • Chapter02 3つのサイフの土台作り 無駄を省く技術①変動費の削減
  • Chapter03 「使うサイフ」の作り方
  • Chapter04 「貯めるサイフ」の作り方
  • Chapter05 「増やすサイフ」の作り方

まずは家計の無駄を排除することからスタートします。

固定費⇒変動費の順で家計を見直し、固定費の見直しの筆頭は生命保険。変動費も携帯電話やインターネットなどの通信費の削減などかなり具体的な項目に突っ込んでいきます。

お金の使い方の基本となる「消費・浪費・投資」の概念と考え方、理想的な割合もここで頭に入れる。

お金の管理の基本は「使う、貯める、増やす」の3つで、それぞれに銀行口座を用意。まずは使うに月々の支出予算の1.5か月分を入れ、貯めるには半年分の生活費を貯めます。それが終わったら投資で増やす方に入れていく。

月収20万円前後の人を対象にしているが、割合も明記されているので安心

keenicon / Pixabay

全くの貯金ゼロから始める場合、貯める口座に必要金額が貯まるまでに数年かかることがあります。この本は月収20万円の人を想定しているので、月々の貯金がいくらで、何年でどれぐらい貯まるかの道筋もはっきりします。

月収が20万円以上の人、20万円未満の人でもわかりやすいように、金額だけでなく割合も書かれていますから、わかりやすいです。

使う、貯めるの項目はかなり具体的だが

この本の特性上、ある程度貯金がある人よりも、これから貯金を頑張ろうという人を対象にしている分、「使う」と「貯める」のところにかなりのページ数が割かれています。

内容もかなり具体的で、投資の理想的な割合がどれぐらい、消費の割合がどれぐらい、そのうち家賃の割合は…など基本に忠実にという姿勢が読み取れます。

しかし、最後の増やすの部分は基本事項や考え方が書かれているものの、具体的なやり方や投資商品は当然自分で探さなければいけません。前二つに比べて、「増やす」の項目はかなりボリューム、具体性ともにそれほど大きくありません。

そのため、増やすのところで何かヒントがほしい方、具体的なやり方を探している方は別の本をお求めになった方がいいですね。

我が家の家計管理の基本はこの内容をもとにしている

自分の話で申し訳ないのですが、我が家の家計管理の基本はこの3つのサイフを使い分けるという考えからをもとに、多少のアレンジを加えています。

使う口座には40万円。月々の予算が25万円なのですが、臨時出費の際に貯金をいちいち崩さないようにしたいので多少の余裕を持たせました。

貯める口座には約300万円を貯めます。ここはまだ具体的な金額は決めていないのですが、私は会社員ではなく自営業なので収入が不安定です。そのため、不測の事態があった時に、当分の生活費+事業の立て直し資金も考慮して生活費の1年分を設定。

増やす口座はまだ作っていませんが、2016年夏をめどに増やす口座の運用開始を目標にしています。当面はマイホームの頭金を貯める(増やす)ことが目標。利息は払いたくないので、1,500万円ぐらいは貯めたいけど…目標は遠いけどコツコツやるしかありません。

自分の現在地と目標、そし目標までの距離を理解できます

こういう感じで、自分が進むべき家計管理の道筋がはっきりします。日々のお金の使い方から週単位、月単位、年単位など短期中期長期の目標も明確になります。

人間、目標がはっきりしないとやる気が出ませんから、モチベーションアップのためにこういう本を読むのもありかもしれませんね。